平々凡々なるげえまあの史書

    だらだらと日々の徒然を綴るドラクエ10要素多めなげえまあの雑記。このページでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。 (C)2012 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.

    PREV | PAGE-SELECT | NEXT

    ≫ EDIT

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    | スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

    ≫ EDIT

    片手剣。

    つよない、どうもメタルです。


    いよいよ明日はダークキング!
    戦いを挑むにはver3.3のストーリーをクリアしておく必要があるわけだが、クリアって言うことはやっぱり次の領界への道を開いておかなくてはならないんだよね?聖塔のボス倒すだけじゃダメなんだよね、たぶん。

    ver3.3のストーリーボスはねえ、崩壊のレクイエム以外はみんな初見で倒せたんだよね。
    崩壊のレクイエムも2回目で倒せたし、ああ3.2よりはだいぶ緩くなってるなあ、なんて思ってたんですよ。




    冥闇の聖塔をクリアするまでは!!!



    その後に出てくるあれですよあれ。
    3.2で言うあの青い豚みたいな猪みたいな、えっまだ続くの?的ポジションのやつですよ。
    そいつがねえ・・・何回やっても倒せなかったんですよね。
    結構サポ変えたり自分の職変えたりもしてたんですけどねえ、ほんと勝てる未来があんまり見えなかったなあ。
    ブレスだの呪文だので四方八方から隙なく攻めてくるやん、あれ。

    もう少しで落とせそうなんだけど・・・て言うところからたぶん本当にギリギリ落とせなくてわちゃわちゃし始めて負けるパターンが多くて軽く心折れてたんですが、ダークキングと戦うにはこいつも倒さなくてはならないかもしれない・・・となれば倒すしかないじゃないですか!
    一応難易度選択も実装されたので最悪弱いで行けばなんの問題もないと思うのですが、最後に一度だけ、これならどうだろうかと思っていながら試していなかった戦力を投入して強いで挑むことにします。
    その戦力とは・・・




    片手剣バトマス!



    はやぶさ改やら180スキルやらで昨今猛威を奮っていると噂の片手バトです。
    ちょうどセイリスちゃんのスキルを振りなおして片手剣とハンマー両方180振れたので、適宜装備を変えて酒場に預けるということができるようになりました。

    そしてセレスタはハンマーバトマスです、片手剣持てないのでね。
    残る2人は無難に旅僧でした。


    ハンバト、片手バト、旅、僧と言う構成で最後に最後の戦いを挑みます。







    片手バト強ない?




    相手によって火炎斬り、ドラゴン斬り、はやぶさ斬り、天下無双を使い分け、各個撃破していく姿のなんと頼もしいことか!
    対単体における火力半端ないな片手バト。集団になるとギガスラとかしちゃうのがたまにキズではあるんだけれども。


    そんなこんなでね・・・




    あっさり1発撃破!



    最後だと言いつつも今までにない惜敗とかだったら勝てるまでやろうと思っていたのだが、そんな心配など必要なかった。
    むしろ今まで私はなぜあんなに苦労していたのだろうと言わんばかりの安定勝利である。
    片手バト恐るべし・・・。


    ・・・という訳で!これで何の心配もなく明日を迎えられます!
    ダークキングかかってこいや!こっちからかかっていかないと戦いは始まらないけど!
    そしてこの勢いのままついでに片手バトを連れてピラも全部クリアしてきたのでした。週課5人分終わったよ!







    ではではっ、またっ!
    スポンサーサイト

    | ドラクエ10 | 22:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

    COMMENT














    TRACKBACK URL

    http://exclimt.blog56.fc2.com/tb.php/2722-aa4a121f

    TRACKBACK

    PREV | PAGE-SELECT | NEXT

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。