平々凡々なるげえまあの史書

    だらだらと日々の徒然を綴るドラクエ10要素多めなげえまあの雑記。このページでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。 (C)2012 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.

    PREV | PAGE-SELECT | NEXT

    ≫ EDIT

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    | スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

    ≫ EDIT

    ありがとう。

    プリキュアにありがとう、どうもメタルです。

    先日購入したプリキュアオールスターズDXシリーズ3部作を視聴しました。
    嘘偽りない笑いあり涙ありのお話でした。
    深夜暗い部屋で1人、目に涙を浮かべる20代半ばの男…なんとも滑稽である。

    3部作とは言え物語に繋がりはほとんどなくキャラクター同士の面識くらい…かと思いきや3作目でまさかの繋がりが発覚!
    本当にただただスケールの大きい作品だった。

    基本的にプリキュアを知らなくても楽しめる作品だがやはり旧作を知る人はより楽しめるようになっているところが素晴らしい。
    ちょっとYouTubeでかじったくらいでも"おおっ!"と思える演出があったりして非常に胸熱でした。
    "your best! my best!"のシーンをオールスターズでやっちゃうところなんてもう圧巻です。
    あれと"失敗なんてメじゃない!"のシーンは伝統なんだなぁとしみじみ。

    そしてオールスターズを観終わってから4時間ほど寝てドキドキ!プリキュアを迎える。
    そろそろ来るだろうと思っていたありす回である。
    遂にキュアロゼッタがリミッターを解除してくれました。
    やはり強かった…てか強すぎるくらいじゃなかろうか。
    他の3人が捕われて一切身動きの取れなかったツタを1人粉々に粉砕にして脱出するとか。

    今までの4人一緒にやられて後に逆転すると言う構図を完全に打ち崩してのロゼッタ無双であった。
    今日のロゼッタは完全に無傷だったんじゃないかな?

    そして次回予告、なんとまたもや六花回かも知れない…と言うか間違いなく六花回である。
    来週のドキドキ!プリキュアにドキドキである。

    ではではっ、またっ!

    映画プリキュアオールスターズDX Blu-ray DXBOX (完全初回生産限定)映画プリキュアオールスターズDX Blu-ray DXBOX (完全初回生産限定)
    (2013/03/20)
    小清水亜美、折笠富美子 他

    商品詳細を見る
    スポンサーサイト

    | プリキュア | 19:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

    COMMENT














    TRACKBACK URL

    http://exclimt.blog56.fc2.com/tb.php/1537-441ceab8

    TRACKBACK

    PREV | PAGE-SELECT | NEXT

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。